FC2ブログ

まいにち豆大福

ただいまハムスタお休みちゅ~。ひとりごとでいっぱいです♪

今日、ニュースで奇跡の一本松の子供が育ってるって話題が。
震災の後松ぼっくりを回収してたそうです。

すごいなぁ~。
ちゃんとみんな考えてるのねぇ…。


そんなこんなで最終回です。
気仙沼はまだまだ作業中の場所が多くて。

2011-12-15-01

陸前高田では一ヶ所に集められていた自家用車もそのまま放置。

2011-12-15-02

あと、地盤沈下も実感しました。海沿いの道路は潮が満ちると通行止めになるという表示もありました。

2011-12-15-03

2011-12-15-04

2011-12-15-05

2011-12-15-06

2011-12-15-07

2011-12-15-08

あれ。発泡間違いだった。怖いわぁ。新しい発砲があちこちじゃw

2011-12-15-09

2011-12-15-10

2011-12-15-11


気仙沼はほとんど車で見ただけなので詳しいこととか何も情報がありません。
作業に忙しそうでお話しするような余裕が…。

宿泊は岩手と秋田(ギリギリ県境で秋田だったw)だし、観光もほとんど岩手だったので気仙沼でも何か買い物したりしたかったんですが、そんなお店はなく。
お茶でもしようかって話をしてお店を探したんですが定食屋さんしか見つからず。

しかたないので一応気仙沼のセブンイレブンで買い物しました。
陸前高田みたいに平地が広くないので気仙沼って海から少し入ると津波ってなに?っていうくらい被害がないとこもあるんですよ。
びっくりしました。


また行きたいです。行きます。頑張って。
一日でも早い復興を祈るばかりです。ほんとうに…。

スポンサーサイト



先日、出かけた帰り道。

2011-12-13-01

夕焼けがきれいだったので写真を撮ってたら、富士山もいました。
確かこの橋を渡ったら埼玉から東京に入る…道だったと思います。自信ないけど。
ちなみにあたしはこうして太陽を撮ったりするからカメラの寿命が短いんだと思いますw
夕陽ならまだいいんだろうけど朝でも昼でも撮ったりするから…。まぁ枚数が多いって言うのもあると思うんですけどね~w


今日、ぐーぐるで被災地すとりーとびゅーが始まったって記事を見ました。
早速見てみたんですね。地震前の景色と比べられるって書いてたし。

あたしが見た、陸前高田はどんなだったのかと思ったんですが…すとりーとびゅーに岩手県がなかったです。
地震後しか。
前が見たかったのに。
しょっく~。

ってことで、ショック受けつつ続きです。






陸前高田と言えば、地震の後有名になった1本だけ残った松。
これを見るために車を道の駅の駐車場に停めて歩きました。

2011-12-13-02

ほんとに、前に何があったのか、どんな場所だったのかが見たかった…。
トラックやらショベルカーやらが動く合間をぬってたどり着いた一本松。

2011-12-13-03

曇天だったので写真が暗いですが、これが寂しさを余計に大きくしてた感じです。
昨日、この一本松は枯死に至ったということで延命作業は中止されたそうですが、継ぎ木で命は繋がっています。

2011-12-13-04

ここは松原だったんですよねぇ…。
どんな景色だったのかなぁ。松らしい木の根元が沢山残ってて。

2011-12-13-05

これは近くで作業していたおじさんが子孫だよ~って言ってたけど実際のとこどうなのかわかりませんw
もしかしたら全然違うのかも。

津波の力を感じさせるものは沢山あったけど、特にあたしの中で印象深かったのが

2011-12-13-06

これでした。やろうと思って出来るもんじゃない。
津波はどんなふうにここを通ったんだろうって考えるとほんとに怖いです。

他にもタイル張りのお店の入口らしいとこと柱の根元だけあった場所があったり、いかにもレストランっぽい入口だけが残った場所があったり…。
タイル張りの入り口は地震前の地図を見ると「しまむら」だったことがわかりました。
どうりで見たことがある色だった。

ほんとはこの松を見たら宿に向かおうと思ってたんですがまだ日が暮れるまで時間があったのでちょっと足を延ばすことに。

あちこち更地になっているんですが

2011-12-13-07

ガソリンスタンドが営業してるっていう当たり前の様子をみてホッとして感動して。
ついでに頑張って!って応援して。
(このお店は被災地すとりーとびゅーでもちょっと見れましたw)

2011-12-13-08

気仙中学校って気仙沼なのかと思ったら岩手県なんですよ。あらびっくり。
でもすぐに宮城県の気仙沼に入りまして。

ここは陸前高田と違って作業が遅れていたのか作業が沢山あって追いついてないのかあちこちに津波の跡がそのまま残っている場所がありました。
なので道路を走る車のほとんどが作業者。ほんとに小さくなって車を走らせるといきなり見えてきた異様な光景が

2011-12-13-09

船が道路沿いに立っている風景。
あんまり自然に立ってるんでここにあったのかと思うほど。

写真にも書きましたがここを中心にこの辺が公園になる構想があるそうです。
あと、テレビで震災関係の番組を見ていた時に、写真で行くと船の右奥には線路がことが発覚。
車を降りて船の写真は撮ったけど、なんだか恐ろしくなってすぐに車に戻っちゃったんですよね。せっかくだから行ってみればよかったのに。

船で驚いた後は気仙沼の港に向かって迷子になっていたら(もうあちこち作業中で…)見える景色は時が止まっていました。

2011-12-13-10

なんで半年経ってこうなのか理解が出来ないまま車は進みます。

そしてブログは続きます。

昨日から今日にかけての皆既月食、みなさんご覧になりましたか~?
(あえてブログがしばらく放置されていたことはスルー)

月食の最初が雲に邪魔されたりして見えるかドキドキしましたが時々雲に邪魔されながらも無事に見ました♪
ニュースで「真上を見たら見えます!」って言ってたからどのくらい上見りゃいいのかと思ったらほんとに真上を見ないと見えなくて、相当肩凝りましたww

ほんとは三脚立ててきちんと撮ろうと思ったんだけど、ベランダからじゃ身を乗り出す感じで撮らないと撮れなかったから手持ちで頑張りました。

ってことで、一枚だけ。


  2011-12-11


実際、月が遠すぎてカメラ通さないとほとんど見えなかったけどねぇ~w
乱視で月が川の字になってたもんなぁ~。






さて。今日は3・11からちょうど9カ月です。
あっという間ですね。

9月に岩手に旅行に行ったときに海の方にも行きました。その時の写真を載せたいと思っていたんですが…
10月は間に合わず、11月はその時ちょっと体調不良で断念w

すっかり遅くなっちゃいました…。

で、ようやく載せられると思ったら写真がすごい枚数だったので数日に分けて載せることにします。


あたしは車に乗っていただけなのでどういう道を通って行ったのかわかりませんが、一関市から山を抜けて行った感じです。

そして山を抜けて平地に出てきたと思ったら

2011-12-11-01

次の瞬間からここに津波がきたんだって思い知らされました。

2011-12-11-02

海がどこにあるのかさっぱり分からないこの場所に沢山の作業をする人たち。
そんな人たちのために役立ってるんだろうなぁ~。

2011-12-11-03

2011-12-11-04

陸前高田はきっと片付けはかなり進んでいたんじゃないかと思います。
なのであちこちにこうして同素材のものが山のように積まれていました。

わかりやすく言えばきっとガレキ…なんでしょうけど。どれひとつガレキじゃなかったわけで。
簡単にガレキとは言いたくない思いがあります…。

つぶれてる車もあると思いますが、車よりはるか高いところまで積まれる木材。

2011-12-11-05

2011-12-11-06

2011-12-11-07

2011-12-11-08

2011-12-11-09

陸前高田の一本松に行きたくて、近くで休憩中だった警察の方(都内の人でしたw)に行き方を聞いたら一本松を通りすぎちゃったので戻って近くで片付けをしていたおじさんに聞いたら「道の駅に車停めて歩かなきゃだめだわ」とのこと。

道の駅…。確かに建物はありますけどね…。
この置物は誰かが置いたんでしょう。
感覚としては道の駅の裏手にあったトイレも和式の便器がちょっと残るだけで壁もなにもないくらいでしたから…。

2011-12-11-10

こんな感じで、続きます。

東北旅行も一応最終回を迎えました~。長かったけど、旅行から帰って1ヶ月以内に終わるぅ~w

やればできる、あたし!ってことで、続きです。


旧佐野住宅に振られて時間が余っちゃって、父が記憶をたどって行った場所が「くりはら田園鉄道」の車庫。

2011-10-27-01

というか、2007年に廃線になってるので車両の保存車庫?

連れてきていただいてなんですが、あたくしその電車知らんですw
しかも最近廃線になってるとは思えないぼろっちい…。

これじゃ逆に車両に悪影響がありそうだなぁと思っていたら…。

2011-10-27-02

この車庫のお隣(?)に住んでらっしゃるおじちゃんが出てきて教えてくれましたです。
地震でこの程度で済んだのはこの車庫の組み方が昔ながらの組み方だったからだそうです。じゃないとつぶれてたって言ってました。

ほほぉ…昔の技術ってすごいもんだぁ。

で、このおじちゃん車庫の隣にある、手信号(って言うのかしら?)を自慢げに動かしてくれましたw

2011-10-27-03

2011-10-27-04

これ、赤と青、逆だったらあたし致命的なんですけどwww

なんせ動かしてくれました。
「昔はこうだったんだよ~。写真撮ったか~い?」ってw

この程度だとうちのとーちゃんも鉄道好きなんで知ってたし、出来ればとーちゃんやってみたかったみたいですけどもww
ま、ここはおじちゃんの顔を立ててね。


あ、ちなみにこの鉄道跡、ものすご~~~~~~~くオープンな感じですw

駅の跡が残っててそこに各車両がわらわらと残ってるんですが人がいるわけでもなく、最初の車庫なんてなんだったら入れるくらいのオープンさ。

いいなぁ。あたしはこういうのほほんさが好きだなぁ~。


ということで、その後レンタカーを返して余裕を持って新幹線に。
最後の食事は駅弁w

最後の最後で前沢牛のお弁当。岩手に来たのに食べなかった前沢牛。うまかったっす。

ちなみに帰りの新幹線は

2011-10-27-05

ポケモン柄でした。
外見だけなんで中は普通に新幹線でしたけどもw

小さいハプニングいろいろあったけど楽しい旅行でやんした。
東北、楽しいなぁ~。また行きたいなぁ~♪




ずるずると長引いているこの旅行記。写真は月初めくらいに全部選んでたんですね。
選んでたんですが…今さら振り返るとなんでこの写真?とかこの場所の写真多すぎない?とかここの写真がない。とか、これじゃなくてもっといいのなかった?とか…とにかく微妙。

どんな精神状態の時に選んだんでしょうか、あたし。

で、非常に気になるんですが、これをまた選び直すと絶対に今月中に終わらないような気がするので気にしないことにしましたw
1ヶ所で多すぎる写真だけ削って後はそのまま行ってみよう!


3日目の朝。目が覚めてカーテンを開けるとそこは

2011-10-25-01

自然のみが存在する場所でした。
そういえば、夜は星がほんとうに沢山見えました。宿は自家発電、もちろん街灯なんてなくて空気は澄んで気持ちよかった。

父が「星の写真撮れるんじゃないか?!」って言ってて一応挑戦しましたけど、いくらなんでも無理でした(あたしはそう思ってたけど)。
三脚でも持ってればねぇ…撮れたかも。

朝食を食べてチェックアウトしたら…

2011-10-25-02

山荘の近所を散歩。
ほんとはトレッキングコースとかなんかいろんなコースがあるようできちんと装備をした人たちが沢山出発するのを見かけました。
父はそのコースの中で短めのところを歩きたかったようですが、母が足の調子がイマイチだったので数百メートルのお散歩コースを歩いてみたんですが…

道路からちょっとの距離にこんな風に温泉が流れてて。

2011-10-25-03

しかも結構熱めのとこもあったりして。
自然ってすげ~!!

あ、もちろん山の上なので標高が高いです。なので多分箱根と同じようなタイミングですすきもいい色になってました。

2011-10-25-04

すごい爽やかなススキw


その後、ちょっと車を走らせると…

2011-10-25-05

すごい水がきれいな湖があったんですが…名前を忘れましたねぇ…。

調べました。須川湖でした。キャンプ場が隣にあったんですが人がいる気配がありませんでした。
当たり前か。平日だもんねw


そしてなぜか細倉マインパークという鉱山跡のテーマパークみたいなとこを見学して(ここがまた微妙な感じで…なのに写真が一枚も選ばれてなかったという不思議w)、その後向かったのがあたしが見たかった「旧佐野住宅」へ。

2011-10-25-06

え~っと、「東京タワー」は見たことないんですけどね。
こういう昭和の街並みが好きなんです。

時間がゆっくり流れてる感じがしていいじゃないですか。

2011-10-25-07

沢山の家や商店が並んでいて小さな町になってるんですよ。
地震の影響か建物の中をのぞくと倒れたり壊れたりしているものもあったんですが

2011-10-25-08

がっつり固定していあるとこもあってw

それじゃぁこの町並みを堪能しようじゃないか。って思ったら…

2011-10-25-09

まさかの立ち入り禁止。
建物は無事そうに見えたんですが…どこか影響あったんですかねぇ。

がっかりして車に戻ろうと歩いていたら

2011-10-25-10

寂しげに顔出し看板(っていうんだっけ?)が立ってました…。


で、時間が余っちゃってじゃぁって父が寄り道したのが…ってなるとまた長くなるので次回に続く。